関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

田貫湖・富士休暇村からの富士山

 柳沢峠からの下りは、少しの間、道が狭かったですが、そこを過ぎるとあとは道路が改良されていて、塩山まで一気に下りてしまいました。
  そこから、みさか道を抜け、河口湖まで行きましたが、河口湖ではハーブ館に寄り、小鉢のハーブを2ツ買っただけですぐに出発しました。河口湖の紅葉祭りを右手に見ながら通り過ぎ、西湖、精進湖、本栖湖の紅葉を車窓から眺め、宿泊先の田貫湖・富士休暇村に向かいました。


 ここに来ての楽しみは、何といっても、夕暮れの富士山と日の出の富士山を眺めることです。でも、夕暮れの富士は、この通り、ほとんど見えません(19年11月16日撮影)。
0712夕暮れ
 翌日17日の6時8分の様子です。富士山が見えていました。(ホテル客室から撮影です。)
07128分
 部屋から、窓越しに見ることができます。額縁のようです。(平成19年11月17日撮影)
0712客室から
 日の出直後の6時29分です。マウスオンしてから、ワンクリックしてください。 
 この時期の日の出は、南側の麓付近です。頂上からの日の出、いわゆる、「ダイヤモンド富士」を見ることはできません。9月は頂上より右から、5月は頂上より左から日が出てきます。頂上からの日の出が見られるのは、4月20日頃と8月20頃です。

<>

 日の出後の6時32分です。マウスオンしてください。
<>
 そのあと(6時41分と54分)、靄が出てきました。幻想的ですね。071254分
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する