関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

苗場

 11月16~17日と、奥多摩~大菩薩ライン~塩山~河口湖~西湖・精進湖・本栖湖~田貫湖の紅葉ドライブにでかけため、皆さまのブログに訪問できませんでした。河口湖の「もみじ祭」、モミジが見頃でした。

 三国峠を越え、坂をしばらく下ると、苗場です。夏の時期ですが、子供が小さい頃、何回かこのホテルに泊まりました。
 スキー人気が高かった当時は、自家用車やバスでグループや家族連れなど多くのスキーヤーが訪れ賑わったのですが、最近は若い人がスキーをしなくなり、スキー人口が減少をしているので、一時ほどの活気がなくなってしまったのではないかと思っています。
 訪れたのがこの時期で、曇っていたこともありますが、活気を感じなかったのは私だけでしょうか。(19年10月30日撮影)
0711苗場P
 今年10回の旅行で、2日間とも晴れたのは、たった一回だけでした。温暖化による天候不順のせいなのか、どうも、今年は天候に恵まれません。
 苗場のドラゴンドラも雲の中で、紅葉を楽しむ気分になれず、乗鞍の旅行に続き、今回も乗るのを止めました。青空の時のドラゴンドラからの眺めは、素晴らしいはずなんですが。 マウスオンすると、紅葉が見られます。

<>

  苗場スキー場
 新潟県南魚沼郡湯沢町三国苗場国際スキー場として1961年にオープンし、現在は、旧コクドの経営を引き継いだ株式会社プリンスホテルが運営しており、スキー場としては日本一の来場者を誇っている。

 苗場山にスキー場があるわけではなく、堤義明氏が「筍山」を買い取り、一大リゾート地に造り上げたスキー場で、苗場プリンスホテルを中心に、初心者から上級者までバラエティーに富んだゲレンデが存在する。
 5年前に隣の「かぐらスキー場」との間に苗場・田代ゴンドラ(ドラゴンドラ)が設置され、各スキー場にアクセスすることが可能になった。全てのスキー場を総称し、「Mt.Naeba」とも呼ばれている。ドラゴンドラは世界最長のゴンドラで、区間全長は5,481m。。スキーのオフシーズンは観光用として利用。[ウィキペディアより一部抜粋]

 奥清津発電所と二居ダムです。ここまで、足をのばす観光客は、多分、うちくらいでしょう。(夏はさわやかで、いいところなんでよ。)
0711二居ダム
 みつまたスキー場のロープウェーです。マウスオンしてください。
<>

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する