関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

水上・矢木沢ダム

 9月14~15日と水上高原に行ってきました。天気予報が悪かったので、諦めていたのですが、予報がはずれ、好天に恵まれました。
毎年行っているので、途中から下道を走り、時間調節。諏訪峡で小休止した後、矢木沢ダムに行きました。


 矢木沢ダム
 利根川本川の最上流部に建設された多目的ダムで、堤頂高131mのアーチ式コンクリートダム。昭和34年に着手、昭和42年に完成。

 台風や大雨のときの洪水調節、安定した川の流れを保つための水量調節、また、水が多い時には水道用水に利用、最大出力24万キロワットの揚水式水力発電を行っている。

 今年は、ダムの水が少ないのに驚きました。雨が少ないのかと思ったら、そうではなく、雪が少なかったためで、平年並みに雪が降れば、満水になっているそうです。
0907アム1
 
  マウスオンしてください。ちょっと、見えにくいかもしれませんが、850、840の数字があります。84m、85mでダムの水深かと思ったら、違いました。これは、標高だそうです。
<>

 この貯水率は、何%だと思いますか。
 80%くらいはある?。いえ、50%を切っているそうです。
 ここは、谷が深く(カクテルグラスを思い浮かべてください)、下に行くほど細くなっています。だから、多く貯水されているように感じてしまいます。(説明員さんから聞いた話)。今年も、雪が少なかったら、干しあがってしまうのではと、心配です。


満水時の写真です。紅葉も綺麗ですよ。観光案内では、「奥利根湖」となっているようです。(17年10月22日撮影)
0907奥利根湖


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する