関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

四国の旅Part7

  長々と7回にわたり、掲載してきた四国の旅、最終回です。 
 
 今治では曇り空でしたが、しまなみ海道に近づくにつれ、青空になってきました。素晴らしい景色が見られそうです。(2月17日)
 今回行く「しまなみ海道」は、今治IC~来島海峡大橋~大島~伯方・大島大橋~伯方島~大三島橋~大三島ICまでです。
 5枚のマウスオンアルバムです。写真は、すべてバスの車窓からです。5枚目の写真は、多々羅大橋です。


 しまなみ海道
 西瀬戸自動車道(にしせとじどうしゃどう)が本来の呼び名。尾道市の尾道ICを起点とし、向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島などを経て今治市の今治ICに至る、延長59.4キロの自動車専用道路。総事業費7,464億円。
 海峡部の橋梁として新尾道大橋、因島大橋、生口橋、多々羅大橋、大三島橋、伯方橋、大島大橋、来島海峡第一大橋、来島海峡第二大橋、来島海峡第三大橋の10本(尾道大橋を含めて11本とすることもある)がある。


 大三島にある大山祇神社を参拝しました。4枚のマウスオンアルバムです。
 大山祇(おおやまづみ)神社
 山の神・海の神・戦いの神として歴代の朝廷や武将から尊崇を集めた。境内には国の天然記念物「大山祇神社のクスノキ群」がある。源氏・平氏をはじめ多くの武将が武具を奉納して武運長久を祈った

 大島にある今治市村上水軍博物館展望所からの眺めです。見えている橋は、伯方・大島大橋です。

01602水軍博物館から
 しまなみ海道の風景は、車窓から見ただけだったので、来島海峡SAに止まってくれたのは、ありがたかったです。
 SAから、来島海峡大橋がよく見えます。しかも、青空と青い海のもとで、この風景を見ることができ、本当に良かったです。マウスオンアして、ワンクリックしてください。

<>

 これで、四国の観光はすべて終わりです。バスは、松山空港に向かい、帰路につきました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

しまなみ海道は、いったことあります~

よしうみバラ園とか~なんか海鮮焼き食べたような・・

冷酒が、すすみました~

今度四国へくるときは、お逢いできますように!

シネマ大好き娘 | URL | 2016-04-13(Wed)04:18 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

しまなみ海道、青空になってくれて、よかったです。
この景色は、海があおくないと。

栗林公園の駐車場で、約束もしてないのに、カローラがいないか一応探してしまいました。

kawa | URL | 2016-04-13(Wed)10:26 [編集]


しまなみ~

しまなみ海道、途中途中も面白そうです。
境内のクスノキ群も興味がありますね~。
青空、おめでとうございます。サイコーですね。
松屋さんの唄を口ずさんだのでは?

山ぼうし | URL | 2016-04-13(Wed)12:43 [編集]


山ぼうしさんへ

ツアーでなければ、もっといろいろな場所に立ち寄ったと思います。でも、晴れてくれたので、満足です。

レーモンド松屋の「来島海峡」、思わず口ずさんでしまいましたね。

kawa | URL | 2016-04-13(Wed)18:12 [編集]


おはようございます。
しまなみ海道は、2度渡ったことがあります。
一度は、当時福山にいた姉夫婦の車でドライブして、もう一度は夫と二人で名古屋からマイカーで行きました。
村上水軍博物館や平山郁夫美術館や西日光と言われる耕三寺が印象に残っています。
あの頃は若くて元気があったなと、懐かしく思い出しています。

ringo | URL | 2016-04-14(Thu)05:10 [編集]


ringoさんへ

国内は、結構行きつくした感がありますが、しまなみ海道は、行っていない場所の一つでした。四国旅行で、コースに入っていたのはありがたかったです。
海外はあきらめたので、行きたい場所が減ってきました。年齢のこともあるので回数がへるかもしれません。

kawa | URL | 2016-04-14(Thu)12:24 [編集]


なつかしのしまなみ海道

しまなみ海道の写真懐かしく拝見しました。
しまなみ海道は、歩き遍路の道中に、正月休みに今治から尾道、GWに尾道から今治へと往復して歩いた懐かしの道です。
歩いて渡ると3日掛かりました。

michioaruku | URL | 2016-04-14(Thu)21:09 [編集]


michioarukuさんへ

横断に3日かかるのですね。長いですね。
でも、これほど景色のいいところは、他ではなかなかないでしょうから、楽しい歩きだったでしょうね。

kawa | URL | 2016-04-14(Thu)23:45 [編集]