関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

八幡平・田沢湖の旅Ⅱ

 7月の26~27日、清里、白樺湖、霧が峰とまわり、車山に咲くニッコウキスゲを見てきました。今日は、とりあえず1枚だけアップします。
0707車山肩から

 岩手山(2,038 m) 
 奥羽山脈にありながら、主稜からは離れており、独立峰にちかい。岩手県最高峰で、盛岡市、八幡平市、滝沢村、雫石町にまたがり、盛岡側から見る姿は「表岩手」、松尾村方面から見る姿は「裏岩手」と呼ばれています。
 また、その表情が全く異なり、静岡県側から見た富士山に似ており、その片側が削げているように見えることから「南部片富士」とも呼ばれています。


 アスピーテライン入口からの岩手山です。(16年7月30日撮影)
0707アスピーテライン
  アスピーテライン
 アスピーテライン八幡平温泉と秋田県のトロコ温泉をつなぐ約27kmの道路。アオモリトドマツの樹海や岩手山、高山植物の群生など、雄大な風景が見られます。

 一枚目はアスピーテラインの中腹から、2枚目アスピーテラインを、3枚目は盛岡市方面を、4枚目は岩手山を、5枚目は八幡平の樹海です。どれをとっても、素晴らしい眺めで、感動しました。5枚のマウスオンアルバムです。


そして、お気に入りの一枚です。
007アスピーテ岩手山

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する