関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

畑を利用した花畑

 私の住んでいるとことは、駅から3分ほどなのですが、少し行くと、市街化調整区域になっていて、畑や雑木林がたくさんあります。
 歩いて20分くらいのところに、耕作をしていない畑があり、そこの所有者が土地を、市が花の種を提供し、それをボランティアの人たちが、種をまき育てている花畑があります。最近は、結構、知れ渡ってきていて、花を鑑賞しに来る人が増えています。写真は、先週の20日に撮ったものですが、まだまだ、綺麗に咲いています。
 28日の月曜日から、花の摘み取りが出来るそうですが、すぐに、なくなってしまうようです。
 このあたりは、鎌倉幕府(北条高時)討伐のため、群馬で挙兵した新田義貞が、鎌倉幕府軍と戦った場所でも有名で、小手指が原古戦場、白幡塚、誓詞が橋などの旧跡があります。この紹介は、いずれ、悠々自適の生活に入ったときに、紹介することにして、まずは、花畑をお楽しみください。

0705花畑
 花の種類は、ハナビシソウ、ポピー、矢車草、ネモフィラです。 5枚のマウスオンアルバムですが、スライドショーにもなっています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する