関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

松江・再訪

 知人のNさんが、昨年に続いて、5月の連休に松江を再訪しました。今回も2回にわたって、記事にさせていただきます。
 松江の町の様子を5枚のマウスオンアルバムにしました。
 ①松江城②松平直政公の銅像③カラコロ工房④堀川の遊覧船乗り場⑤堀川沿いの風景
 3枚目の写真、カラコロ工房は、建築家長野宇平治氏の設計により、昭和13年に「日本銀行松江支店」として建てられたもので、それを改築・増築を施し、新しく「匠の館」として2000年春に開館した。
 明治23年当時、木橋であった松江大橋をわたる下駄の「カラコロ」と響く音に、小泉八雲は深く心ひかれたというエピソードが古き時代の香りを残す「カラコロ工房」の命名の由来です。


 一畑電車(いちばたでんしゃ) ローカルな雰囲気を感じさせる電車とホームです。
 一畑電気鉄道株式会社の傘下にあり、社名は出雲市にある一畑寺(一畑薬師)への参詣者輸送を目的とした鉄道を計画したことに由来しています。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

高松にも、おいでませ~~~~v-10

松江から近いよ~

シネマ大好き娘 | URL | 2011-06-09(Thu)04:52 [編集]


日本銀行

歴史と重厚さを感じるカラコロ工房に興味をもち、
日銀松江支店のサイトを拝見したら、
長野宇平冶さんは、日本銀行本店や東京駅を設計した辰野金吾の愛弟子なのですね。
今の松江支店は、大屋根で郊外のうどん屋さんを大きくしたよう。(失礼!)

KAEDE | URL | 2011-06-09(Thu)23:33 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

四国めぐりもしてみたいです。

kawa | URL | 2011-06-12(Sun)15:21 [編集]


KAEDEさんへ

長野宇平治さん、一流の建築家だったのですね。

現在の日銀松江支店、確認しました。
ほんとに、うどんやさんみたいですね。

kawa | URL | 2011-06-12(Sun)15:26 [編集]


情緒がある

最近、松江はテレビでよく取り上げられていますね。
松江城も立派ですが、堀川の風景も情緒があっていい
ですね。
堀川の船着場の蔦のからまるレンガ造りは、いい雰囲気を
出してますね。

西恋おじん | URL | 2011-06-13(Mon)07:33 [編集]


西恋おじんさんへ

街並みが落ち着いてますね。
堀川周辺は、特に、そう感じます。

ツァーで行くと、松江は車窓観光になりそうですね。
といって、個人で行くと、費用がかかるし、写真で我慢します。

kawa | URL | 2011-06-13(Mon)19:16 [編集]