関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

犬島精錬所美術館

 6回にわたった倉敷、岡山、しまなみ海道、犬島の旅、最終回です。

 犬島精練所跡の入り口です。マウスオンしてください。さらに進むと美術館があります。
<>
 前に見える小島は、犬ノ島(いぬのしま)です。2枚のスライドショーです。
01605精錬所からの海
 犬島精錬所美術館
 犬島に残る銅製錬所の遺構を保存・再生した美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと作られた美術館は既存の煙突やカラミ煉瓦、太陽や地熱などの自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えない三分一博志の建築と日本の近代化に警鐘をならした三島由紀夫をモチーフにした柳幸典の作品、また植物の力を利用した高度な水質浄化システムを導入しています。「遺産、建築、アート、環境」による循環型社会を意識したプロジェクトといえます。

 美術館を見学しました。美術館というより、アートでした(館内は、撮影禁止です)。見学したあと、建物の上にあがりました。 マウスオンしてください。
<>

 犬島精錬所  
 銅の精錬所があった。最盛期は2000人を超える従業員がいたが、銅価格の暴落などにより1919年(大正8年)には操業を停止、1925年(大正14年)に廃止になった。

01605跡地煙突
 犬島家プロジェクトと犬島精錬所美術館、大満足の犬島めぐりでした。チケット代2060円を高く感じませんでした。犬島港をあとに、宝伝港に戻ります。(5月15日)
 マウスオンしてください。
<>
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アートいいですね!

昨日は林部智史さまのコンサートでした。

芸術は、いいですね!

シネマ大好き娘 | URL | 2016-07-19(Tue)04:41 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

アートは弱いですが、光を採り入れるのに、ミラーを使っていて、不思議な感じでした。

林部智史、ネットで調べてみます。

kawa | URL | 2016-07-19(Tue)18:33 [編集]


こんばんは。
犬島には、銅の精錬所があったのですね。昔は、賑わっていたのですね。
大正8年には、操業停止になったのですか。そして、今は跡地が美術館になっているのですね。ユニークな美術館ですね。
2060円のチケット代が高く感じられないとは、犬島へ行った甲斐がありましたね。

ringo | URL | 2016-07-20(Wed)21:54 [編集]


ringoさんへ

行く前に、犬島、直島を調べておきました。わかっていると、見どころが、よくわかるので。
銅の精錬所、閉鎖が戦後かと思ったのですが、大正でした。
うちは、あまり入場料がかかるところは行かないのですが、ここのチケット代は、髙く感じなかったですし、それだけの価値があると思いました。

kawa | URL | 2016-07-20(Wed)22:05 [編集]


精錬所

昔の建築や遺構をみると当時の賑わいが思い浮かんできますよね。
狭い島に従業員だけでも2000人。現在のゆったり感とは全く異なる活気があったんですね~。

山ぼうし | URL | 2016-07-21(Thu)12:40 [編集]


山ぼうしさんへ

とても、小さい島なんですよ。ここに2000人。人であふれていたと思います。船で通う人もいたのかな?
つったり感、なかったでしょうね。

kawa | URL | 2016-07-22(Fri)14:06 [編集]


犬島

犬島を訪れたんですね。
犬島は倉敷に住んでいた時に訪れた事が無く、機会を見付けて訪れて見たいです。

michioaruku | URL | 2016-07-23(Sat)20:11 [編集]


michioarukuさんへ

地元に近いのに、行っていないのは、おそらく、島が小さすぎるからですね。
一周できる道があったかどうか、あったとしても、簡単すぎて、歩きがいがないですよね。

kawa | URL | 2016-07-24(Sun)11:50 [編集]