関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

小手指語りの会・文化祭公演

 11月12~13日に、公民館の文化祭が行われました。小手指語りの会の出演は、12日の土曜日でした。
 語りの会の「朗読」は、、会の名の通り「語り芝居」といったほうがいいと思います。今回の出し物は、「かちかち山」です。
 かちかち山は、老婆を殺したタヌキを老爺に代わってウサギが成敗する日本の民話ですが、太宰治の『お伽草紙』では、かちかち山を新解釈で書き直し、美少女と男の宿命物語としている。
 ウサギを十代後半の潔癖で純真(ゆえに冷酷)な美少女に置き換え、タヌキはそのウサギに恋をしているがゆえに、どんな目にあってもウサギに従い続ける愚鈍大食な中年男として書かれている。
 少女は敵討ちという名目で嫌悪を感じているタヌキを虐待し、男はウサギの歓心を買いたいばかりに嫌われても従い続ける。「惚れたが悪いか」と言い残して溺死して水底に沈む男を見送る美少女が、汗を拭いながら美しい風景に微笑を浮かべて終わる、と言う少女の純粋さゆえの悪意と恋する男の惨めさを描いた作品となっています。
(うちの奥さんが出演しています)8枚のマウスオンアルバムです。


 物語が終わったあとの皆の踊りです。3枚のスライドショーです。
01611踊り
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

かちかち山

「かちかち山」も男女目線になると深くて難しくなりますね。
キレイなお姉ちゃんには気を付けたいと思います。
そんな機会も無いか~(笑)。

山ぼうし | URL | 2016-12-12(Mon)12:43 [編集]


山ぼうしさんへ

太宰治の「かちかち山」、知りませんでしたね。
今でいう、ハニートラップですかね。
山ぼうしさんも、ご用心、ご用心。酔いにまかせて、なんていうこともありますから。

kawa | URL | 2016-12-12(Mon)18:56 [編集]


奥様のサインくださ~~い!

先日こちらに要潤さまが、きたよ~

サインもらえなかった>_<

シネマ大好き娘 | URL | 2016-12-13(Tue)04:18 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

サインしたことないでーす。

要潤といえば。うどん県。それで来たのかな?
サイン欲しかったですね。

kawa | URL | 2016-12-13(Tue)18:37 [編集]


こんばんは。
かちかち山って、太宰治の新解釈版があったのですか。
知りませんでした。
太宰治のは、ずいぶん大人の物語のようですね。
潔癖で純真(ゆえに冷酷)な美少女は、怖いですね。
最初のお写真の方が奥様ですか。
物語のあとの踊りは、楽しそうですね。

ringo | URL | 2016-12-14(Wed)22:07 [編集]


ringoさんへ

太宰治の新解釈、知っている人は少ないでしょうね。
今にも通じる怖い話ですよね。

いえ、違います。出演者全員を撮って載せたのですが、結果的に一番多く登場してしまいました。
朗読は動きがないので、短い踊りを付け加えたようです。

kawa | URL | 2016-12-14(Wed)22:23 [編集]