関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

今年のカルガモ観察

 例年、5月末から、調整池のカルガモのヒナ観察をしていますが、6月のはじめに、生まれて2週間くらいたったと思われるヒナ2羽が母ガモと一緒に泳いでいるのをみましたが、それ以来、一度も見かけません。無事に育ったのかどうかはわかりません。
 歩いて15分くらいのところにある西埼玉病院の池で、毎年7~8羽のヒナが孵ると聞いていたので、6月12日にいってみました。池にヒナが泳いでいたのですが、おとなのカモがヒナを追い回しています。近くにいた人が教えてくれました。「8羽うまれたけど、母ガモが5羽をつれて、池から出て行ってしまい、3羽が取り残されたんだよ。追い回しているカモは、後からきて、ここでこれから卵を産もうとしている番いだよ。」と教えてくれました。   2枚のスライドショーです。
017062羽のヒナ
 6月18日、どうなったかと思い、見に行きましたが、ヒナの姿がありません。駐車場の管理人にたづねたところ、「3羽は池からでていったよ。」と教えてくれました。「今いる番いが、また、卵を孵すかもしれない。」といっていました。
 この仮設の鉄板をつたって、池の外に出ていきます。 

01706橋
 6月26日に再度行ってみましたが、親ガモの姿は、ありませんでした。今年はもうここではヒナは孵らないと思います。

 一方、いつもの調整池ですが、おとなのカモがいたので、時期がちょっと過ぎていますが、ヒナが孵るかもしれないと期待していたのですが、7月4日に、ヒナはいませんでした。
 調整池の草が刈られ、見通しがよくなったので、昨日の夕方に、もう一度見に行ったのですが、やはり、ヒナはいませんでした。
 ここで、ヒナが孵らなかったのは、初めてです。年々、環境が悪化しているのかもしれません。一昨年までいた「カワセミ」も、とうとう姿が見えなくなりました。温暖化による環境悪化がここまできたかという感じです。


 6月のはじめに、うちのベランダ(7F)の梅の木に止まったヒヨドリのヒナ。家の中から窓ガラス越しに撮りました。
01706ヒヨドリ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ヒナちゃん、心配ですね~

毎日暑くて死にそうです~8月9月は夏休みなんで、なんとか

~頑張ります。

シネマ大好き娘 | URL | 2017-07-11(Tue)02:15 [編集]


シネマ大好き娘さんへ

カルガモのヒナ観察は、この時期の恒例になっているんですが、この池でヒナが孵らないのは、寂しいです。

kawa | URL | 2017-07-12(Wed)09:09 [編集]


おはようございます。
カルガモの親子の行列は、微笑ましいですね。
今年は、調整池のカルガモが育たなかったようですね。
西埼玉病院の池にいたカルガモの子たちもいなくなってしまったのですか。環境が悪くなり、小鳥たちに被害が及んでいるのは悲しいことです。
ヒヨドリは、たくましいですね。

ringo | URL | 2017-07-13(Thu)06:00 [編集]


ringoさんへ

今日も、帰り道に寄ってみたのですが、いませんでしたね。
今年は、観察の楽しみがなくなりました。

kawa | URL | 2017-07-13(Thu)17:29 [編集]


地球の環境悪化や外敵で自然界の生き物も生き抜くのは大変なのでしょうか?
カルガモの可愛いひなの行進は微笑ましく、癒されますよね。
無事だといいですね~!

o-ma | URL | 2017-07-13(Thu)19:53 [編集]


o-maさんへ

ヒナが見られないので、ガッカリしています。
ヒナが孵っても、少雨で、餌がないと判断したのではないでしょうか。絶対に、環境悪化ですよね。そのもとは温暖化。

kawa | URL | 2017-07-14(Fri)16:40 [編集]