関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

ベランダのモミジ

 6月にベランダのモミジを記事にしましたが、秋になって、どうなったかを取りあげてみました。
 去年から育てている狭山湖のモミジは、順調に生育し、無事に育っています。あまり長く伸びたので、夏に入って一度、2本の枝切りをしました。この時期でよかったかどうか不安でしたが、切ったところから、芽が出てきて、また大きくなっています。
 もしかすると、もっと頻繁に枝切りをしたほうが、鉢植えのモミジではいいのかもしれません。

01710もみじ1
 一方、軽井沢のモミジですが、同じ時期に枝を切ったところ、全く芽が出てこず、葉も枯れてしまいました。高原で育ったモミジなので、枝切りがよくなかったのかもしれません。枯れてしまったのかなとも思いましたが、枯れた葉を取ったところ、そこに芽のようなものが残っています。来年の春に、芽吹くのでしょうか。
01710モミジ2
 今年、狭山湖畔からとってきたときは、4cmくらいモミジ。育つのは難しいかなと思っていたのですが、この夏を乗り越え、15cmほどのの大きさになりました。来年は、もっと大きくなってくれると思います。01710モミジ3
 紅葉したら、また、載せたいと思っていますが、果たして??

 病院の広場の池で孵ったカルガモのヒナ、6羽はみんな大きくなっていました、10月初旬の様子です。羽根の大きさ以外は、もう大人に見えます。今月末には、飛び立っていくと思います。
01710カルガモヒナ

PageTop

シャトレーゼ白州工場

 御射鹿池に行った後は、とくに観光はせず、八ヶ岳の麓の原村の農道を通り、山梨県北杜市にある「シャトレーゼ白州工場」に行きました。工場見学が目的というより、アイスクリームの食べ放題が目当てです。
 工場は森の中にありました。駐車場に車をとめ、工場に向かいます。売店の横にある階段を上ります。入り口で、はいてきた靴をサンダルに履き替え、順路に沿って進みます。映像や展示パネルで製造工程を、そして餡子やアイスクリームの製造風景をガラス越しに見学しました。、(場内の機械設備の撮影は禁止でした) 5枚のマウスオンアルバムです。


 工場見学が終わり、アイスクリームの試食会場につきました。ガラス越しに製造の様子も見ることができます。01709試食場所
 アイスクリームは、いくつ食べてもいいのですが、食べたのは3.5個。もうひとつ、と思ったのですが、止めておきました。
 あんこ入りもなかアイス、アーモンドコーヒーアイス、搾りたて牛乳アイス、オレンジシャーベット。  4枚のスライドショーです。

01709アイス

PageTop

御射鹿池

 旅行3日目、デラックス和洋室に泊まることができたこともあって、朝食のあと部屋でゆっくりすごし、チェックアウトは10時半すぎになりました。この日の観光は一か所のみ、前から行ってみたかった奥蓼科にある「御射鹿池」。
 ナビで検索しても名前が出てこないうえ、道路の案内標識もなかったので、道も狭くあっているのか不安でしたが、なんとか御射鹿池に辿りつくことができました。事前に調べた情報では、駐車するスペースもあまりないということでしたが、池の前のところの道路が広がっていて、駐車場も整備されていました。おそらく、完成したばかりだと思います。
 ネットに素晴らしい画像がアップされていたので、期待しすぎたのがいけなかったです。ただの池にしか見えませんでした。(9月11日) 4枚のマウスオンアルバムです。


 御射鹿池
 日本画の東山魁夷の作品「緑響く」のモチーフとして有名な池である。ため池百選に選定された。横谷渓谷は奥蓼科温泉郷に代表される、酸性の冷鉱泉の影響と昭和8年に、ため池として御射鹿池(1,100mの高地にある)が完成した。流れ込む冷たい水を留め、温めることによって農業用水として使用できるようになった。酸性が強いため魚などは生息できない。

 こちらがネットにアップされていた画像です。
01709御射鹿池スライド
 しばらくして見ていると、池面に変化がありました。池のまわりの木々が、鮮明に水面に写っています。見事、撮影に成功しました。この風景であれば、納得です。01709御射鹿池5

PageTop

蓼科高原ドライブ

 旅行二日目、佐久から出発して、蓼科に泊まるので、行程はゆったりです。ホテルを10時少し前に出て、定番のコースを走りました。(9月10日)
 長門牧場(今回は写真はありません)~白樺湖展望台~伊那丸富士見台~車山肩~霧ヶ峰~白樺湖~女神湖。(写真の順序は違います。一枚目が女神湖です。)
 6枚のマウスオンアルバムです。


 ホテルは女神湖畔のホテルアンビエント蓼科です。何回も来ているところなので、ホテルに15時にチェックインしました。夕食まで部屋で過ごし、リゾート気分を味わいました。
 ここに泊まるのは2回目ですが、シーズンをはずすと料金も安く、ホテルの雰囲気もいいので、定宿になりそうです。
 ちなみに、シーズンや休前日には1泊15000円以上するのが、この時期は8980円です。しかも、ホテルの手違いにより予約日が1日間違っていて、普通の部屋が空いていなかったため、ランクが上のデラックス和洋室が用意されました。もちろん、料金はそのままです。ラッキーでした。
 夕食はイタリアンのコース。4枚のマウスオンアルバムです。

PageTop

鬼押し出し園・ハルニレテラス

 奥日光と日光霧降に9月1~2日に行く予定でしたが、何となく行き気が起きず、8月はじめの清里軽井沢の旅行に続いてキャンセル。夏に避暑の旅行に行かなかったのは今回がはじめてです、となるはずでしたが、「やはり行こう」ということになって、9月9日から2泊3日で、軽井沢、蓼科の旅行に行ってきました。
 2年ぶりの「鬼押し出し園」です。この日は天気も良く、浅間山も遠くの山々がよく見えています。 5枚のマウスオンアルバムです。

 鬼押出し(おにおしだし)は、1783年(天明3年)におきた浅間山の噴火の際に流れ出た溶岩で、膨大な量の溶岩が 風化した結果形成された奇勝。

 白糸の滝に寄るつもりでしたが、「次にしよう」ということになり、去年の5月に立ち寄った星野リゾートのハルニレテラスに行きました。9月に入りましたが、日曜日ということもあり、駐車場が有料だったため、少し離れたところの無料駐車場に車を止めました。歩くつもりでいたのですが、無料のシャトルバスがあり、それに乗りました。 5枚のマウスオンアルバムです。
 3枚目は、和菓子の和泉屋傳兵衛。ここで和菓子を買いました。5枚目は、ハルニレテラスに沿って流れる「湯川」です。


 前日に急遽、一泊2日の予定を二泊3日にのばしたので、一日目の宿は佐久IC近くの「ホテルAZ」に泊まりました。2名宿泊で、6700円(朝食付・無料)とリーズナブルな宿です。前回の宿泊から一年を経過してしまっていたので、残念ながら、ポイントは失効していました。夕食は、ステーキのどんでとりました。(9月9日)

PageTop