関東甲信越・花と風景写真Ⅱ

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
01712干支

 昨年12月は3週間ほど歩くのが不自由だったため、数年続いていた娘夫婦たちとのクリスマスパーティーもありませんでした。年末に息子が帰省しましたが、2日間だけで、岡山に戻ってしまいました。
 元旦は、地元の北野天神に初詣。2日は、娘夫婦のところに行き、孫のKちゃんと会ってきました。3日は、狭山山不動寺に初詣に行って、「家内安全」と「健康」を祈願してきました。
  

PageTop

丸亀城と讃岐うどん

 11月25日(土)~27日(月)に、息子夫婦に会いに岡山に行ってきました。
 初日の土曜日は11時50分に岡山駅に着き、宿泊先のコンフォートホテル岡山に荷物を置いた後、息子に車で迎えに来てもらい、瀬戸大橋を渡って、丸亀城に行きました。
 その前に、丸亀の隣町の多度津というところにあるうどん店「根ッ子」で、讃岐うどんを食べました。 マウスオンしてください。2枚のスライドショーです。
 根ッ子
 香川県仲多度郡多度津町にある讃岐うどんのお店。 この店でしか味わえない、 コンブ使用の秘だしでオンリーワンの味。
 お店の半分が温室になっていることで有名。 幹線道路から少し入ったところにあって、まわりは田んぼですが、お昼には満員になるほどの人気店。

<>

01711うどん
 午後出発のうえに、日が短いので、観光は一か所だけになりそうです。急いで、丸亀城に向かいました。
 お城が見えてきましたが、小さいのに、ちょっとびっくり。しかも、本丸まで急坂の連続で、息が切れました。ゆっくりと坂を上りました。5枚のマウスオンアルバムです。.
 1枚目、見返り坂の名がついています。3枚目、石垣に扇の勾配の名がついています。

 丸亀城です。マウスオンしてください。
<>
 本丸からの眺望が抜群です。高い山ではないのに、丸亀、坂出、遠くには瀬戸大橋、そしてその反対方向には、飯野山(讃岐富士)が見え、360度の大パノラマです。5枚目は、途中の展望所からの眺めです。5枚のマウスオンアルバムです。.


 今年のブログ更新はこれが最後です。訪問いただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

PageTop

孫が一歳の誕生日

 孫が11月29日に、1歳の誕生日を迎えました。私の年齢では小学生や中学生の孫がいてもおかしくないのですが、結婚が遅かったため、初孫がようやく1歳になりました。一年で大きな心配ごともなく、すくすくと育って、もう、歩きはじめています。
 日程の都合で、少し早めの誕生日祝いを11月19日に開きました。双方の両親がケーキや料理を持ち寄ってのホームパーティーです。  マウスオンしてください。

<>

 プレゼントのおもちゃに興味津々です。ボタンをおしています。
01711押してみよー
 一升餅
 一升餅の一升(いっしょう)と、こどものこれからの人生=一生(いっしょう)を掛け、一生食べ物に困らないように、これからの一生が健やかになるようにとの願いを込めて、こどもの一歳までの成長を祝う伝統的な行事。

 一升餅、知らなかったので、うちはやらなかったです。重すぎて、立ち上がろうとしては、しりもちをついてしまします。かわいそうなので、かたちだけまねて、すぐにやめました。  2枚のスライドショーです。

01711一升餅

PageTop

碓氷・めがね橋

 駐車場から、国道18号の旧道をしばらく登っていくと、木々の間から、めがね橋が見えてきました。
01711めがね橋遠景
 めがね橋につきました。
01711めがね橋遠景2
 碓氷・めがね橋
 碓氷第三橋梁(通称・めがね橋)は明治25年に完成したレンガ造り4連アーチ橋。長さ91m、高さ31mで国内最大規模。重要文化財に指定されており、現在は信越本線アプト式時代の廃線敷を利用した遊歩道「アプトの道」が整備され、橋上を歩くことができる。

 下からめがね橋を見上げます。マウスオンして、ワンクリックしてください。
<>
 階段になっている山道を登っていくと、橋の上に行きました。
01711めがね橋上

PageTop

世界遺産・富岡製糸場

 マンションのふれあいサロンが主催した秋のバスツアー(11月15日)に、妻が麻雀サークル(私も入っています)の人たち(女性6名)と参加しました。(私は留守番でした)
 こんにゃくパークに立ち寄って、こんにゃくのバイキングと買い物のあと、富岡製糸場に行きました。(たくさん写真を撮ってきて、と頼んでおきました。その中から抜粋しました。)
 ボランティアガイドさんの案内で、工場を見学です。

 富岡製糸場
 群馬県富岡に設立された日本初の本格的な器械製糸工場。明治5年の開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存している。日本の近代化だけでなく、絹産業の技術革新・交流などに大きく貢献した工場であり、敷地を含む全体が国の史跡に、初期の建造物群が国宝および重要文化財に指定され、2014年に「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として世界遺産に登録された。

01711製糸場見学
 繭置所です。一階は事務所、作業所。2階は乾燥させた眉の貯蔵所です。建物は、木骨煉瓦造りです。 3枚のスライドショーです。
01711繭置所
 海外で生糸の需要が多く、輸出品として高品質の生糸を大量に生産できる製糸技術を国内に広めるために設立した官営の模範製糸場です。長さは140mほどあります。 2枚のスライドショーです。
01711製糸場内

PageTop